松山は城山を中心に開けた、典型的な城下町である。城山の麓の南側から西側にかけては、かつて上級・中級の武家町であった。北側は職人町。今も城の北に、鉄砲町、木屋町などの地名が残っている。東側は下級武士と一般庶民の町であった。庶民の町であるこの東側一帯は、藩政時代には唐人町と呼ばれていた。実際、江戸初期かそれよりも昔、このあたりにはるばる唐人が連れてこられて住んでいたという話がある。
 唐人町はさらに、
大唐人(オオトウジン)小唐人(コトウジン)の二地域に分けられていた。大唐人は、城の南東部の一帯である。城の東部から北東部にかけてが小唐人である。小唐人の中でさらに北側に位置するところを「北小唐人」といった。これが今の上一万のあたりである。
 松山の秋祭りは、10月初旬の3日間。各地域ごとに、代々受け継がれてきた御輿を繰り出す習わしである。面白いことに、御輿を繰り出す地域割りに、藩政時代の名残が色濃く跡をとどめているのである。この期間だけは、現在の町の区画や地名は雲散霧消し、かわりに藩政時代の地図があぶり絵のように浮かび上がってくる。




平成29年


日台サミット(平成29年6月3日)YouTube
 





平成28年


平成28年 役員名簿
平成28年 年間行事予定


平成28年祭り





平成27年祭り
平成26年祭り


東雲公園  年中行事 湯神社 
掲示板  協賛店のご紹介  Link 

神輿音頭.mp3
神輿音頭(前奏無し).mp3
松山太鼓ばやし(祭り祝い唄)
懐かしmovie1
懐かしmovie2


YouTube 北小唐人チャンネル
随時動画をアップロードしています
 
1日1回の運だめし





webmaster@kitakotojin.com
このページへのお問い合わせはこちらまで